国立大学法人 豊橋技術科学大学 生命環境工学技術者育成推進本部

文字サイズ

教育プログラム紹介

ホーム > 教育プログラム紹介 > カリキュラム

カリキュラム

生命環境工学技術者育成プログラムのカリキュラム概要①


※画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

生命環境工学技術者育成プログラムのカリキュラム概要②

目標段階と講義の対応(案)
講義名 学部1,2年 学部3,4年 博士前期
関心 環境マインド育成実習(フィールド調査 NPO連携)② 新設1年
知識 生態科学 ③ 既設1年
生命科学・環境科学 ③ 既設3年
生命環境分子センシング ② 既設3年
生命環境センシング特論 ② 新設 院
態度 生命環境マインド特別講義・大学院特別講義 ① 著名技術者の特別講義を聞いて、社会における環境問題の重要性を認識する
新設:2-3年 院 一般公開
技能 生命環境プロジェクト研究 ③ 既設2年
生命環境センシング実習 ① 新設3年
生命環境卒業研究 ③ 新設4年
実務訓練(生命環境インターンシップ) ① 新設4年
生命環境センシング特別実習 ② 新設 院
評価 持続社会工学 ③ 既設4年
持続社会コーディネーター特論 ③ 既設 院
参加 環境技術コミュニケーション特論 ③ 既設 院
生命環境国際交流実習 ① 既設 院

※講義名の○数字は、担当を示す。
①モニタリング教育基盤システム担当,②教育WG担当,③環境・生命工学系担当

修了時の資格(案:仮称)

上記の6つのステップを考慮した全学横断的な生命環境教育プログラムを構築し、プログラム修了者には「テラ・センシングエンジニア」資格を付与する。

なお、主専攻を各専攻とし、副専攻を生命環境教育プログラムとするため、主専攻によって以下の名称とする。

テラ・センシングエンジニア

+機械工学

テラ・マシン・センシングエンジニア

+電気・電子情報工学

テラ・電気・センシングエンジニア

+情報・知能工学

テラ・IT・センシングエンジニア

+環境・生命工学

テラ・ライフ・センシングエンジニア

+建築・都市システム学

テラ・防災・センシングエンジニア

ページ
トップ